仮想デスクトップとは何でしょうか

デスクトップとは、コンピューターに接続され信号を受け取ってディスプレイを表示させるもので、基本物理的に人が眼で認識できる物を言います。別名クライアント仮想化などとも呼ばれる仮想デスクトップとは物理的なデスクトップとは違い、サーバ上に独立した環境にある複数の仮想的なデスクトップを配置したり、目に見えるディスプレイの表示可能な範囲を超えて疑似的に表示して提供することを言います。この仮想デスクトップは物理的には存在しないので自由自在に動かすことができ、瞬時に表示する端末を切り替えていつでもどこでも同じデスクトップ環境で作業ができるのでとても便利なので近年一気に注目されている技術の一つです。この仮想デスクトップについて詳しく説明していきます。

仮想デスクトップについての説明

先ほど述べさせていただきました通り、仮想デスクトップは独特な利便性からとても人気のある技術で、いろいろなIT会社が開発を進めてきました。クライアント仮想化やVDI(virtual desktop infrastructure)ともよばれ、その仮想デスクトップ技術の歴史としては2008年ごろからありましたが、近年の爆発的なインターネットやサーバーの技術発達によりこの仮想デスクトップ技術も大幅に普及することになりました。この技術が登場する前まではシンクライアントのターミナルサービスという技術が使用されていました。シンクライアントとはサーバーに多くの演算をさせて端末には最小限の処理だけをさせて表示させるというものです。ターミナルサービス方式ではマルチユーザー機能を利用したもので複数のユーザーがログインして共有するものでした。

仮想デスクトップを使用するメリットと効果

ターミナルサービス方式ではアプリケーション作動の互換性が少なかったり、ユーザーが自由にインストールできないことが課題でしたが、デスクトップ仮想化をするとその問題も解消されます。このようにターミナルサービスと比べると大きなメリットがよくわかります。他のメリットは近年のサーバー技術やネットワーク技術の進展によりサーバー1台にたくさんの仮想デスクトップを稼働させることができ、このたくさんのデスクトップを稼働することによって圧倒的に仕事効率が高まり、場所を選ばないことにより個人だけでなくいろいろな人とも共有することができるところです。加えて、一つのサーバーで運営することができるので運営コストを下げることもできます。このようにたくさんのメリットがある技術です。

SNIA Japanの賛助会員です。SSDを搭載したフラッシュストレージで、レイテンシーは1ms以下の高パフォーマンスを提供します。 Tintri VMstore T5060の参考価格5,000万円。 単一のストレージスステムで、数千台もの仮想デスクトップ(VDI)をサポートし高速かつ安定に稼働。 Tintri VMstore T5040の参考価格2,500万円です。 仮想デスクトップの導入をお考えの方は【Tintri(ティントリ)】におまかせを