仮想デスクトップを理解するために必要なこと

仮想デスクトップを理解するためにはデスクトップとはなにかを理解する必要があります。デスクトップはパソコンなどを起動したさいに表示される画面のことですが、同時にひとつのコンピューターの利用している領域も指しています。通常のデスクトップでも複数のユーザーが使うことで独自の環境が提供することができますが、この場合には1台のパソコンで複数のユーザーを同じパソコンで使うことを前提としたものです。仮想デスクトップでは高性能なサーバを用いて複数のデスクトップを利用者に提供するというものです。サーバで一括管理されるのでメンテナンス性に優れていますし、データの保管もサーバで行われるので、トラブルが発生したさいのデータロストのリスクを最小限にすることができます。

仮想デスクトップと従来のデスクトップの違いとは

パソコンなどを立ち上げたさいに表示される画面はデスクトップと呼ばれます。通常のパソコンにおいては、デスクトップはパソコンに1台用意されているものでWindowsなどはユーザー切り替えで仮想的にデスクトップを作ることも可能ですが、この場合にはあくまでデスクトップの切り替えが出来るだけで仮想デスクトップとは区別されます。仮想デスクトップは、サーバーなどの別のコンピューターが提供するデスクトップ環境を指します。この場合にはデスクトップ空間は共有されておらず独立したデスクトップとして利用することができるのが大きな違いです。仮想デスクトップを導入すると従来のパソコンなどの端末からサーバーにアクセスして仮想デスクトップを開く必要がありますが、端末を選ばずに仕事が出来るメリットがあります。

仮想デスクトップを導入するメリット

仮想デスクトップを導入するメリットはいくつかありますが、一般的に企業で導入するさいの最大のメリットは使用するパソコンのメンテナンス作業が軽減されるということです。さらにデータ管理もサーバーで行われるので、パソコンのトラブル時におけるデータをロストするリスクが軽減できるといったことがあります。またデータ処理はサーバーが行うため末端のパソコンなどのパワーがそれほど必要ないというのも魅力のひとつです。仮想デスクトップへはインターネットへの接続環境が必須になりますが、反面でインターネットに接続できる環境であればどこからでも仮想デスクトップにアクセスすることができるため、オフィスのほか自宅や出張先でも同じデスクトップ環境で仕事ができるといったメリットがあります。