誰にでもわかるように仮想デスクトップを説明します

Windows10で新たに追加された機能のひとつに、「仮想デスクトップ」と呼ばれるものがあります。この機能は、パソコン上で複数のアプリケーションソフト(例えばワード、エクセル、メールソフト、ゲームソフト、インターネットなどのアプリ)の多くのウインドウを同時に画面上に表示させながら、作業などを効率的に行う際に役に立つ便利な機能です。Windows10で使うことのできる仮想デスクトップとはどのような機能なのかを知るために、最初にデスクトップの意味と機能を理解しておく必要があります。Windowsパソコンのデスクトップの意味と簡単な使い方を説明した後に、Windows10で新たに追加された仮想デスクトップ機能の使い方を簡単に紹介いたします。

デスクトップの意味と基本的な使い方

最初にデスクトップの意味を簡単に説明します。料理を行う時には調理台が、事務作業を行うためには事務机を使います。調理や書類作成のための作業台(スペース)が必要です。パソコンでも同じように、インターネットを見たり、文書を作成したり、エクセルで表に数字を入力するためにも作業スペースが必要です。この作業スペースがデスクトップ画面です。真ん中の広い場所にインターネットやワープロソフトのウインドウ(画面)を表示させて、見やすい大きさにしてから作業ができます。今のパソコンは複数のソフトを同時に起動することができます。左側にワード画面を、右側にエクセルの表を表示させて、作業台に2つ以上のウインドウを表示させて作業を行うこともできます。但し、一度に多くのソフトを起動するとデスクトップ画面が見にくくなります。そのような時に便利な機能が、仮想デスクトップ機能なのです。

仮想デスクトップ機能と利用方法

限られた作業スペースに多くのソフトを表示させると、画面がウインドウだらけになって使いにくくなってしまいます。作業スペースを広げる方法として2台以上のパソコンを使う方法があります。この方法を使えば複数のパソコンの画面を見ながら同時に作業ができますが、パソコンごとにOSを起動しなければなりません。多くのソフトを同時に起動して作業を行う時に、1台のパソコンの中に複数のデスクトップを作ってしまう方法が、仮想デスクトップ機能です。あるデスクトップ画面に1~2個程度のアプリを表示させておき、別のデスクトップ画面に別のアプリを起動させておくことができます。最初に複数のデスクトップ画面を作っておき、自分が作業したいデスクトップ画面を表示させて作業を行うことができます。1台のパソコンの中にあたかも複数のパソコンを起動するかのようにして、複数のデスクトップ画面を作るのが仮想デスクトップ機能なのです。